【#プロレスを広めたい】

寝る前に聴く音楽でオススメは?熟睡するための導入音まで

寝る前のリラックスタイムに音楽を聞いたり、動画を楽しんだりする人は多いですよね。

全然悪いことじゃありませんが、もし朝起きたときに「熟睡できなかったなぁ…」と感じる人は寝る前の音楽や動画の習慣が原因かもしれません。

この記事では、寝る前に聞くとリラックスできて熟睡できる音楽を紹介します。

スポンサーリンク


リラックスできる音楽はどんなものなのでしょうか。

結論から先に言いますが、“自然っぽい音楽”です!

たいていの人は「バラード調の音楽じゃない…!?」「ゆったりとたリズムの洋楽かな…?」みたいな感じで何となく思いがちです。

でも実際は違うんですね…

実際に音楽と睡眠との関係は多くの研究者によって明らかにされています。

自然っぽい音楽なんてよく分からないと思いますので、具体的な説明に入ります。

聴くことで快眠するのに重要な脳波にα波(アルファ波)というものがあります。

このα波がたくさん出ると、人はリラックス状態になり、そのあとにα波が現れて落ち着いてくるとα波が消えて次はθ波(シータ波)になります。

ここまでくると人はウトウトし始め、睡眠状態にスムーズに入っていきます。

ちなみに昼間活動している時には、緊張状態を表すβ波(ベータ波)が出ているそうです。

そしてα波(アルファ波)が発生しやすい音楽というものがあるんです。

スポンサーリンク


  • 単調なリズム
  • ゆったりとしたテンポ
  • 静けさを感じられる
  • 極端な高音・重低音がない
  • 歌詞が全く入っていない

こういった音楽がα波(アルファ波)が発生しやすい音楽といわれています。

なのでバラード調の音楽でも歌詞が入っていたらNGですし、ゆったりとした洋楽でも急に高温が入っていたり歌詞があったらNGです。

ではいったいどんな音楽があるのかといいますと

  • ジャズ
  • クラシック
  • ヒーリングミュージック
  • 川のせせらぎ
  • ししおどし
  • 雨の音
  • 海岸の波の音
  • 小鳥のさえずり

などですね。

この中のものの大半は自然っぽい音楽と言えます。

ジャズ、クラシックは自然っぽさはあまりないですが、単調にリズムで聴きやすいのでα波(アルファ波)が発生しやすい音楽にも入ります。

以上が寝る前に聞くと熟睡できて睡眠の質を高めることができる音楽です。

寝不足太郎

確かに岩盤浴とか行くとこういう音楽が流れているなぁ…
リラックスできる場所には大体こういう音楽が流れているよ!

ロジカリスト