【#プロレスを広めたい】

日本のバレンタインデーにチョコをあげる由来は!?バレンタインの歴史

2月14日、バレンタインデーですね、

1年で1番チョコレートが売れる日です。

気になる人や恋人、大切な家族や友達にチョコレートをプレゼントする人も多いと思います。

「今年は誰にあげようかな…」と悩む女性や

「気になるあの子からもしかしたら…」と期待をする男性も多いのではないでしょうか。

しかし、バレンタインデーという文化はいったいどっからきたのでしょうか。

そんな素朴な疑問をこの記事で解決したいと思います。


少年A

バレンタインにチョコレート貰えるかな…
そんなこと考えるのは日本だけだぞ。

ロジカリスト


スポンサーリンク


1⃣バレンタインデーの歴史

バレンタインデーのそもそもの始まりは、古代ローマ時代にまでさかのぼります。

「古代ローマ時代ってどんな時代!?」という声が聞こえてきそうですが…

古代ローマ時代は日本の映画で言えばテルマエロマエ、世界的な映画で言えば300(スリーハンドレッド)がこの時代にあたります。

バレンタインデーの歴史は思っていたよりかなり昔ですね。

その当時のローマ帝国では2月14日は(女神・ユーノー)の祝日だとされていました。

女神ユーノーはすべての神々の女王であり、家庭と結婚の神だとあがめられていました。

今でこそ「なんで神をそんなに信じていたの!?」と神の存在を架空のものと考えるのが一般的になりましたが、当時の古代ローマは神という存在を重く受け入れていたのです。

そして女神ユーノーの休日の翌2月15日は、豊年を祈願するルペルカリア祭の始まる日であったそうです。

当時若い男たちと女たちは生活が別に営まれており、祭りの前日に女たちは紙に名前を書いた札を桶の中に入れることになっていた。

そして翌日、男たちは桶から札を1枚ひき、ひいた男と札の名の女は祭りの間パートナーとして一緒にいることと定められていたそうです。

そして多くのパートナーたちはそのまま恋に落ち、結婚したと言い伝えられています。

つまり元々はチョコレートをあげるという文化はなく、男女が結ばれるお祭りごとの一環として2月14日、15日はバレンタインデーとして認識されていました。

スポンサーリンク


2⃣日本のバレンタインデー

日本のバレンタインデーはいつからはじまったのでしょうか。

「日本でも大昔からバレンタインデーがあったのかぁ。」と思う人もいるかもしれませんが、日本に広まったのは1900年以降とかなり後です。

日本では、1958年ごろから広まりはじめていたそうです。

しかし、バレンタインデーにチョコレートをあげるという文化は日本独自のものです。

戦前に来日した少数の外国人によって広められ、第二次世界大戦後に流通業界や製菓業界によって販売促進のためにどんどん広まっていったたのです。

元々は外国人がもってきた文化ですが、今のようにこんなにチョコレートをあげる文化が浸透したのは日本が独自の文化として作り上げたものです。

1970年代後半には、ほぼ今のように2月14日はチョコレートあげたり、もらったりする日だという認識がされました。

「女性が男性に対して、親愛の情を込めてチョコレートを贈与する」という「日本型バレンタインデー」の様式が成立したことを意味します。

日本で最初にバレンタインデーにチョコレートを渡すのがいいのではと考え、行動したのは製菓会社メリーチョコレートカムパニーの原邦生ともいわれています。

スポンサーリンク


3⃣まとめ

バレンタインデーにチョコレートをあげる文化は日本特有の文化です。

日本は海外から入ってきた文化を独自の方向に発展させる傾向が強いと思います。

例えばハロウィーンなんかはそうですよね。

もともとのハロウィーンとはかけ離れている文化が定着しています。

良いのか悪いのかは分かりませんが…

しかし、イベントごとがあればモノも売れますし、活気がつくので個人的には良いと思っています。