【#プロレスを広めたい】

お金の使い方がわからない人はいろんなお金を知ろう【色んな決済手段】

お金の使い方がわからない人はいろんなお金を知ろう

という事で

今回はみなさんが大好きなお金に関する記事です

お金って大事ですよね

私たちがモノを手に入れたり、サービスを受けたり

できるのはお金を支払ったからであっって

また、そのお金に価値があると国民が認めているから

取引が成立するという事です

当たり前なことをいいました

お金って何!?と聞かれたらあなたはなんて答えますか!?

スポンサーリンク


お金って何なの!?

お金って何なのって聞かれたらなんて答えますか!?

私はお金とは「価値の証明である」または「自由を手に入れるためのもの」

どちらかと言います。

こういった考えが絶対正しいわけではありませんが

今、日本で1万円札で色んなものが買えるのは

日本銀行が発行している貨幣、紙幣

に日本国民が価値があると認めているからで

何百年も前に、今の1000円札を持って行ったところで

ただの紙切れとなってしまいます

ということは時代によってお金というモノは変化しているということができます

その時代に価値があると認められればそれがお金として使う事が出来て

そのお金を使って色んなモノやサービスを受け取ることができます

これは大昔の話になりますが

昔は何かを手に入れたいときはお金という共通の通貨のようなものがありませんでした

物々交換でしかモノを手に入れることはできません

つまり肉が欲しければ、肉を持っている人に

この魚をあげるから、その肉をくださいとお願いをします

そこで需要と供給が一致すれば取引成立となります

しかしながら、お互いの需要と供給が一致しなければ

永遠に物々交換は成立しません

どちらかが妥協するしかありません

そこで人は共通の通貨となるものを創り出したのです

昔は貝殻を加工したものが通貨として使われていたそうですね

その貝殻があれば魚とも肉とも交換ができ、またその貝殻を受け取った

人もまたその貝殻で別の買い物ができるわけです

このようにして、価値の証明として今のお金が誕生してきたわけです

そういえばお金に関する漢字に貝という文字が含まれていることが多いですね

「買」「貯」「預」「購」など

こういった貝殻がお金であった歴史から来ているのでしょうね

お金はその時代の価値の証明であるということになります

スポンサーリンク


1番主流は現金決済!?

日本で1番の決済手段はやはり現金決済ですよね

商品を購入したり、お金を払ってサービスを受けたりする場合

国の法律で定められた法定通貨

つまり日本円の貨幣、紙幣がこれにあたります

現金決済の良いところは日本国内であれば

ほとんどの場合、現金でモノを買ったりできます

小さい駄菓子屋さんや自動販売機も

現金決済でしか買う事が出来ない場合も多いですね

しかし、現金決済のデメリットもあるんです

金額が大きくなると管理するのに大変ですよね

財布に入り切りませんし、落としてしまう可能性もあります

また、遠隔での取引ができません

ネットショッピングで現金でその場で支払おうとしても不可能ですよね

管理コストがかかること遠隔操作ができないことが大きなデメリットでしょう

ちなみに日本は他の発展途上国と比べて極端に現金決済が多いそうですね

クレジットカード

 

クレジットカードは持っている方は多いのではないでしょうか

クレジットカードはカード自体に価値があるわけではありません

クレジットカードは利用代金を後で支払うものです

カードで買い物をして1,2カ月後に請求がくるという形がほとんどです

(VISA JCB AMEX)とレジ前に書かれていれば加盟店だということなので

利用できます

加盟店(お店)はカード会社に手数料を数%支払う必要があるものの

人件費の削減やカードが利用できることで現金を持ち合わせていない

お客さんの購買意欲を高めることができ、売る上げ増加が見込めます

また、今月はお金がなくても来月以降に支払えると考えているお客さんに

対しても購買意欲を高めることができます

カード利用者はカード1枚で限度額が10万円であれば

10万円分の現金を手持ちにもっていなくても

買い物が可能であり、現金と違って

万が一紛失してしまっても、必要な手続きをとれば

カードを止めることができます

買い物するたびのポイントが貯まっていくという特徴もあります

スポンサーリンク


電子マネー

電子マネーは「マナカ」「スイカ」をイメージすれば

問題ないかと思いますが

現金をチャージという形でカードに入金して

電子マネーとして使う事ができます

ということは電子マネーは通貨の代替手段といえますね

電子マネーによって決済の効率化が期待できます

混雑した駅で全員が現金で切符を購入していたら

大変なことになりますよね。。。

電子マネーのおかげで効率よく決済が行われていることが分かります

仮想通貨

仮想通貨はここ数年で一気に知名度も上がりましたよね

通貨のように国が法律によって定めているものではないが

通貨と同じような決済機能を持ち合わせています

仮想というくらいなので実態がなくバーチャルでの通貨です

インターネット上での存在でしかないので仮想通貨とよばれます

電子マネーと区別がつきにくいかもしれないが

電子マネーは貨幣の代替手段であるのに対して、仮想通貨はそれ自体で

直接の取引ができます

スマホやパソコンのウォレットというアプリをインストールして

インターネット上で取引所や販売所で購入するのが一般的です

現在ではビックカメラ等で仮想通貨の1種である

ビットコインでの決済が可能ではあるが

まだ決済手段としては一般的には普及していないのが現状であって

価格の変動が大きいので投機、投資目的で仮想通貨を購入し

価格が上がった時に売却して、利益を得ようとする人が多いのも現状です

決済方法はQRコードを読み取るだけということで

普及すれば便利な決済方法となることが予想できる

デメリットはセキュリティ面の心配で

現に大手の仮想通貨の取引所のコインチェックが多額の

ネム(仮想通貨の1種)を流失した事件は記憶に新しいです

感覚としましては現金を預けていた銀行のお金を

ほとんど盗まれてしまったということです

インターネット上でのサイバー被害は犯人特定が難しく

多くの人が大変な目に遭った事件でしょう

こういった事件で仮想通貨の価値に疑問を抱き

一気に売却し日本円に戻す人が続出し

仮想通貨の価格が一気に下落しました

もちろん、仮想通貨そのものに価値がなくなったと

考えるよりは、取引所のセキュリティ面の問題であると考えるほうが

正しい気はしますが、不思議なもので

こういった事件が1度あると多くの人が仮想通貨を手放し

価値はないという判断をしていくんですね

お金は価値の証明なので

仮想通貨に価値があると思う人が増えない限り

なかなか決済手段として機能するようにならないわけです

今後、発展の見込みは充分に考えられますが

少し時間がかかりそうですね

余談ですが仮想通貨には

「ビットコイン、ビットコインキャッシュ、イーサリアム、リップル、ネム、

モナコイン、イーサリアムクラシック」といった

かなり多くの通貨があるため

充分な知識を持ち合わせないで購入すると

大きな損失になってしまうことも頭にいれておきましょう

スポンサーリンク


まとめ

お金って何か考えるとき「価値の証明」だと考えるわけですが

仮想通貨のお話でも申し上げたように

価値があると思う人が増えればその通貨に価値があることになり

その通貨に全く価値がないと思う人が増えれば

本当にその通貨は価値がなくなってしまうものなんですよ

かなり昔の事ですが日本の北海道の北の樺太という島で

一生懸命稼いで溜めたお金がソビエト軍が攻めてきたせいで

次の日から溜めていたお金はただの紙切れになったという

残酷な話もあります

インドでは高額紙幣の廃止が最近行われたりもしました

今までは価値があった通貨も

ある日突然価値がなくなることもあるんだということを

頭に入れておかなければいけませんね