お仕事依頼&問い合わせ

眠気がひどい人にオススメな対策は?睡眠の質が関係する?

こんにちは。KATU(@k2_nwo_japan)です!

今回は眠気がひどい人にオススメな対策や睡眠方法についてです

眠くなった時にコーヒーを飲んだり、顔を洗ったりという事ではなく

眠くなる原因を突き止めて、睡眠を見直して眠気を根絶しようといった内容です

スポンサーリンク


睡眠の「量」より「質」を意識しよう

眠気がひどい人で自分が睡眠不足だと感じたり

もっと長く眠らないとダメなんじゃないかと

感じる人は多いと思います

本当に睡眠時間が問題なのでしょうか?

色々な場面で「量」より「質」という言葉が

使われていますが、睡眠でも同じことがいえます

実際に睡眠に関する研究によって

睡眠時間が長すぎるとかえって眠くなるという

エビデンスも出てきています

簡単に言いますと睡眠中は「深い眠り」と「浅い眠り」

が何度も交互にやってきます

ただ寝ている時間で考えてもあまり意味がなくて

深い眠りをどれだけ確保できるかという点を考える方がいいわけです

忙しい毎日を送る人にとって睡眠時間を今以上に確保するのは

難しいというのが本音かもしれません

なので睡眠の質を高めようということになります

極端な話、睡眠中に「深い眠り」が多く取れればいいわけです

スポンサーリンク

どうやって睡眠の質をあげる?

先ほど睡眠中に「浅い眠り」と「深い眠り」の話をしましたが

実は入眠して最初の90分がも最も「深い眠り」が多いことが

わかっています

なので眠りはじめの90分の間にいかに熟睡できるかが分かれ目です

最初の90分で質の高い睡眠が取れたら

その後も比例して良い睡眠のリズムが出来て

翌日の眠気も感じにくくなるでしょう

では最初の90分に質の高い睡眠をとるために

どうすればいいのでしょうか

睡眠前にぐっすり眠るための準備をする必要があります

これだけは絶対に押さえておきたい3つを紹介します

  • お風呂は入浴の90分前に済ませる
  • 寝る時に靴下は絶対にはかない
  • 寝る90分前にスマホは見ない

この3点は最低でも押さえておきましょう

お風呂を寝る90分前に済ませるのは

眠気は体温が上がって、下がるプロセスのなかで

発生する現象でもあるので

お風呂で体温が上がって、90分くらいかけて

ゆっくり体温が下がっていきます

なのでお風呂の90分後くらいに眠気が訪れやすいので

寝る90分前には済ませましょうということです

靴下は一見、あったかそうでいいと思いがちですが

寝ている間は体温を放散しなければ睡眠の質はよくなりません

特に身体の末端部分(手、足、頭)は何も着用しないほうが

スムーズに熱を外に逃がすことができます

ですから寝るときは靴下は脱ぎましょう

スマホに関しましてはブルーライトが問題となります

これは脳を覚醒状態にさせてしまうため

かえって目が冴えてしまいます

まとめ

睡眠は量より質であって、長い時間眠ればいいというわけではありません

また睡眠の質を決めるのは最初の90分が鍵で

ここで深い眠りがたくさん訪れるのでとても重要です

最初の90分でぐっすり眠るには

  • お風呂は入浴の90分前に済ませる
  • 寝る時に靴下は絶対にはかない
  • 寝る90分前にスマホは見ない

を最低限守ってリラックスして眠りにつきましょう