お仕事依頼&問い合わせ

1年が早く過ぎるのを防ぐ方法は!?理由や対策まで

こんにちは。KATU(@k2_nwo_japan)です!

新年を迎える時に「今年もあっという間だったな」

っていう言葉を口にする人って多いですよね

おそらくほとんどの人がそういった

1年が早く過ぎてしまう感覚を体験したことがあると思います

今回はそんな時間が早く過ぎるのを防ぐ方法について

解説していきます

時間が早く過ぎる理由から対策まで紹介して参ります

スポンサーリンク


1年が早く過ぎるのを防ぐ方法は!?

年末になると訪れる「もう1年経ったのかぁ」

という気持ちは誰しも1度は経験したことが

あるのではないでしょうか

ある程度しょうがない部分もあると思いますが

1年を少しでも長く感じたい方や有意義な1年にしたい方は

とにかく新しい体験、経験をすることが大事です

思い返してみると小学生の6年間って

中学、高校の6年より長く感じませんか?

毎日が新しい発見やはじめての

体験、経験が多い小学生は

時間のスピードが遅く感じられます

逆にある程度いろんな体験をしてきた

中学生や高校生というのは

時間のスピードは早く感じます

ということは小学生の時のように

新しい体験や経験に時間をつかってあげると

時間の過ぎるスピードは遅く感じることになるでしょう

1年が早く過ぎるのを防ぐもう1つの方法は

1年を振り返るときに「今年1年なにがあったかなぁ」

と大きなまとまりで振り返るのではなくて

「〇月には〇と一緒に〇へ出かけたなぁ」と

小さなまとまりで振り返るようにしましょう

これらの方法について

それってどういう根拠や理由があるの!?

と思うかもしれませんので次は理由や根拠について

説明していきます

スポンサーリンク

ジャネーの法則が関係する!?

小学生の体感時間と成人の体感時間では

成人の方が時間が過ぎるスピードが速いという

お話をしましたが

これはジャネーの法則というもので明らかにされています

19世紀のフランスの哲学者・ポール・ジャネが発案した

ジャネーの法則

記憶される年月の長さは年が小さいほど長く感じられ

年を重ねるにつれて短く感じられるという

現象を心理学的に解明したものです

個人差はあれど、幼少期は毎日が新鮮です

すべてが初めての経験や出来事の連続であり

1つ1つが強烈な思い出や記憶となって心に刻まれる年頃なんですね

逆に50~60歳の方は、もちろん個人差はありますが

社会というものを一通り経験、理解しており

新鮮なできごとに出会う回数は減るでしょう

思い出や記憶に残る出来事が少ない時間を過ごす方が

多いのではないでようか

その結果気付いたら1年過ぎてしまっていた

という状態になってしまうのです

チャンキングをうまく利用する!?

チャンキングって言葉はご存知ですか?

チャンクとは大きな塊、ぶつ切りなどの

意味を持っていて

チャンキングとは

もともと心理学用語で個別のばらばらな

情報をそのパターンの類似性などに基づいて

より大きな情報の塊にしたり、コンパクトにする

といった過程のことを指します

身近な例で例えると

普段使っている電話番号は

(090)ー(〇〇〇〇)ー(〇〇〇〇)

という感じで小さなまとまりで記憶しますよね

これがただ090〇〇〇〇〇〇〇みたいに

並べられていたら覚えにくいはずです

他にも一見ばらばらで何の関連性もない

情報を何かしらの共通点を見つけてグループにするといった

こともチャンキングといえるでしょう

記憶術の考え方そのもので

勉強や記憶、思い出を残すにはピッタリです

しかし時間で考えるとチャンキングの使い方を

アレンジしないといけません

大きなチャンクで出来事をまとめてしまうと

時間が早く過ぎてしまっている感覚になってしまいます

というのは大きなチャンクでまとめてしまうと

何か新しい体験をしたときに過去の似た体験と同じくくりにしてしまいます

細かいチャンクでまとめて細分化していくイメージを持つといいでしょう

どういう時に時間を早く感じるかを調べた実験結果では

数年前をおおざっぱにどんな年か思い出したグループと

こまかい数日前を思い出したグループでは

こまかい数日前を思い出したグループの方が

時間が過ぎるのが遅く感じるという結果が出ています

つまり思い出すスパン大きい(1年単位)と

時間が早く過ぎたと感じてしまってうということです

ざっくりと今年1年はなにしたかなぁと考えていてはダメなんですよ

小さなチャンクで思い返して

「昨日はこんな新しい体験をした」とか

「先週はこんな本を読んでこんな知識が身についた」みたいに

細かくまとめていく方が時間が過ぎるスピードは遅く感じられます

なので1年があっという間だなぁと年末年始に思ってしまった人は

まだ間に合うので「〇月はこんなことをしたなぁ」とか

「去年は○○という映画を見て感動したなぁ」みたいに

ざっくり1年を思い返すのではなく、

細かく思い返してみてください

そうすることで気持ち的に「去年は何もできなかった」

というネガティブなことも考えないようになれます

時間もあっという間だったという思いから

「意外といろいろあったなあ」と思えるかもしれません

スポンサーリンク

まとめ

時間が早く過ぎてしまったなぁという思いは

ネガティブなイメージを持ってしっまうかも

しれませんが、ジャネーの法則チャンキング

理解しうまく利用すれば

時間を遅く感じさせることもできるんです

新しい目標、挑戦、小さな成功体験を毎日

取り入れることと

今日はどんなことをしたか、どんな新しい発見したか

というように小さいまとまりで思い返していくと

時間があっという間にという状態は改善されていくでしょう

新しい目標、挑戦、小さな成功体験といっても

何か大きいことである必要もなくて

時間が早く過ぎるのを防ぐという観点なら

新鮮で新しいことであればなんでもかまいません

全く興味のないジャンルの映画を見てSNSで感想を発信する

というのでも効果はあります

1番大事なのは去年と同じ1年を過ごさない事ですね