【#プロレスを広めたい】

ゴキブリ対策で最強な方法は市販の商品でも可能!バルサンや業者不要の方法

この記事ではゴキブリ駆除・ゴキブリ対策に関連する商品・裏技的撃退方法・オススメの商品等を紹介致します。

ゴキブリが家に出た事がある方やゴキブリが出たときにどう対処すればよいか知りたい方にはオススメの記事です。

業者を呼んだり、専門家に頼まなくても簡単にゴキブリを撃退・撲滅する方法をお教え致します。

スポンサーリンク


■ゴキブリは夏しか出ない!?生体から特徴まで■

ゴキブリは本来は熱帯雨林に生息する昆虫で、昼間は木や建物の陰にひそみ、夜になると出没して
菌類、樹液、朽ち木、動物の死骸や糞などを食べる雑食性の昆虫です。

そして現在の日本では雑食性が高く、寒さにも強いゴキブリが大量に存在しています。

体内に共生する微生物により、排泄物を体外に捨てずに体内に蓄積し、食べ物が乏しくても生き残ります。

また残飯や動植物の遺骸、人間のアカや毛髪、ホコリや油も食べます。

この最強の昆虫であるゴキブリはとにかく生命力が強く、秋から冬にかけても充分に生き残れます。

寒さには弱いですが、冷蔵庫の裏やタンスの奥、お風呂などの水回り等、比較的部屋の暖かい場所に移動して生きていると
言われています。

夜中になると動き出して、キッチンや寝室など人間が生活している場所にきて、人間のアカや毛髪、ホコリ、残飯など
色々な食べ物を狙っているのです。

また、どんな小さい隙間からでも家中に侵入してきます。配管の中からや網戸の隙間、換気扇、ほんとに小さな隙間でも侵入してきます。

100%ゴキブリが全く出ない環境を作ることは難しいかもしれませんが、

ゴキブリが出る確率を限りなく0%する事は可能です。

スポンサーリンク


■今日から出来るゴキブリ対策を8つ紹介■
家中を常に清潔に保つ
1番簡単ですが重要です。常にキレイを保ちましょう。
髪の毛やホコリもゴキブリのエサです。
ますは、ゴキブリのエサになるものをなくしましょう。
ゴキブリの侵入経路を防ぐ
外からの侵入経路を防ぐことで新しいゴキブリの侵入を
防ぎましょう。
窓の隙間や玄関の隙間に防虫テープや隙間テープで対策しよう。
換気扇は常に回しておく
換気扇は室内と外をゴキブリが出入り出来る場所です。
換気扇を常に回しておくことで、外からの侵入を防ぎ、
また室内のゴキブリが換気扇の隙間に逃げ出すのも防ぎます。
市販のゴキブリ毒餌タイプの罠を仕掛ける
昔はゴキブリホイホイ等で対策することが多かったですが、
近年は毒のあるエサでゴキブリをおびき寄せ、それを食べさせて対策するものが多いです。
生きた状態で対面することは、これで確実に減ります。
ブラックキャップというものが最強で、これを玄関先とベランダに置いてから
ブラックキャップを食べたゴキブリの遺骸が玄関先とベランダにひっくり返ってました。
これを置いていなければ侵入していたのかと考えると恐ろしいです。
家の中のミント系の植物を置く
ミント系の匂いはゴキブリな苦手としています。
室内に植物を置くとゴキブリのエサになってしまいますが、ミント系なら
ゴキブリ対策になります。
キッチンの残飯や油汚れはキレイにする
1番ゴキブリが大好きな場所です。キレイにするのはもちろんですが、
冷蔵庫の裏や棚の裏などにブラックキャップやゴキブリホイホイを置いて
対策しましょう。
排水口を掃除してハッカ油で対策
排水口の汚れは仕方ないですが定期的にパイプユニッシュやブリーチ等で
キレイにてハッカ油を数滴たらしましょう。
ハッカ油もゴキブリが苦手な匂いです。
玄関やベランダにミント系の香りで対策
ミント系の植物やハッカ油で外からの侵入を出来る限り防ぎます。

忘れないようにメモやスクショしよう!
↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓

  • 家中を常に清潔に保つ
  • ゴキブリの侵入経路を防ぐ
  • 換気扇は常に回しておく
  • 市販のゴキブリ毒餌タイプの罠を仕掛ける
  • 家の中のミント系の植物を置く
  • キッチンの残飯や油汚れはキレイにする
  • 排水口を掃除してハッカ油で対策
  • 玄関やベランダにミント系の香りで対策
■ゴキブリが出たときの誰でもできる対処法■

ゴキブリを生きた状態で見つけてしまったら必ず退治しまよう。

ゴキブリ駆除の専用のスプレーが手元にない時でも大丈夫です。

洗剤やヘアスプレー等でも良いのでゴキブリにかけてしまってください。

それで動かなくなれば良いですが、まだ動いているなら弱っているうちに
新聞やティッシュでつぶしましょう。

原始的な方法ですが、何もない時はこれでも退治できます。

そんなことしたくない人は各部屋に1つスプレーを常備しておくと安心です!!

ゴキブリは家で1見かけたら、10匹は絶対にどこかかにいると言われています。

是非自分で対策しましょう!!

業者に頼むと高額料金を請求されたり、具体的な説明が少ないこともあります。

1度自分で対策してからでも遅くないのでこの記事に書いてある事を実践しましょう。