『お仕事依頼』&『問い合わせ』

明日から人生を変える習慣のコツ【三日坊主】でもOK!

朝散歩

こんにちは。KATU/かつ(@Katu_bloger519)です!

 

みなさん、人生を変えたいと思いますか!?

 

おそらく多くの人が、現状では満足していなくて、人生を何とか変えたいと思っている事でしょう。

 

しかし、そう簡単には変わりません。

 

理由は、今までの習慣が変わらないからです。

 

今の自分を作っているのは、“過去の自分の習慣”です。

 

例えば、今ものすごく太っている人は、過去の食べすぎたり運動をサボったりしたから太っています。

 

これは、過去の“食べすぎる”という習慣と“運動をしない”という習慣のせいです。

 

このように人間は習慣によって、人生が大きく変わっってしまうわけです。

 

習慣についてもう少し深掘りして考えていきますね。

 

KATU

習慣化で人生は本当に変わります。私は読書を習慣にしてから、確実に人生が良い方向に変わっていると実感しています!

 

未来を変えるには習慣を変えるしかない

 

過去の習慣が今の自分を作っているという言葉を聞いたことはありませんか!?

 

例えば、ものすごく太っている人は、過去の“食べすぎ”や“運動不足”というような悪い習慣からきています。

 

今の自分は過去の習慣によって成り立っているわけです。

 

これから自分が変化したいと思うなら、習慣を変えないと未来は変わりません!

 

未来の自分は、これからの習慣によって変える事ができます。

 

Sponsored Links

三日坊主でも気にするな!成功体験を積め!

 

習慣化”で多くの人が経験するのが、“三日坊主”です。

 

でも、これは仕方がない事です。人間は自己保存の法則が働いて、変化する事を嫌います。

 

ですから、新しい習慣を気持ち悪いと感じでしまうのです。

 

三日坊主になってしまったとしても、あなたがダメなわけじゃありません。人間はそういうものなのです。

 

だから、考え方を変えて“三日間も続いた”とポジティブに考えましょう。

 

そうすると、自己肯定感が高まります。小さな成功体験が生まれるのです。

 

自己肯定感が高まると、自分はやればできると思えるようになります。何度も繰り返して新しい習慣に挑戦できるようになりますよ。

 

Sponsored Links

簡単でオススメな習慣のコツ3選

 

習慣化におすすめな方法を3つ紹介します!

 

私は、次の3つを意識する事でいろんな事を習慣にする事ができました。

 

 

  • f-Thenプランニング
  • 習慣化の目的を明確にする
  • 習慣にする事を超簡単な事から始める

 

 

1つずつ解説していきます。

 

KATU

ちなみに私は、上記の3つを意識して習慣化に取り組んだ結果、筋トレ、読書、メモの習慣化に成功しました!習慣化によって人生は豊かになりますよ!

 

If-Thenプランニング

 

If-Thenプランニングとは、簡単に言えば【Xが起きたらYをする】というように自分ルールを作ってしまう事です。

 

例えば、トイレに行く時はトイレ内で本を5ページ読む、とか朝起きたら必ずスクワット10回してから洗面台に向かう。

 

こういった形で、ルール化する事で習慣化が簡単になります!

 

人間の意思は、意外と弱いです。なかなか毎回、「さぁ、頑張るぞ」と行動するのは難しいです…

 

なので、意思の力に頼らずに、ルール化してしまいましょう!

 

何のために習慣化するのか明確にする

 

何かを習慣化したい時に、「この習慣が身についたら、自分にどんな未来が待っているのか」、「何のために習慣化するのか」をしっかりと明確にする事で挫折しずらくなります。

 

習慣化自体が目的だと難しいです。

 

例えば、筋トレなら「筋トレしてモテたい」とか、読書なら「知識を手に入れて、仕事で出世したい」とか、習慣化の先にある目的をしっかりと明確にしましょう!

 

習慣にする目標は低く設定する

 

何かを習慣化にしたい時は、目標をかなり低めに設定しましょう!

 

例えば、“読書1ページ”とか“腕立て5回”とかで全然OKです!

 

理由は、成功体験を積めるからです。

 

いきなり大きな目標を掲げてしまうと、結局できなくて、「あ、やっぱり自分はできない人間なんだ」みたいに思ってしまいます。

 

小さな成功体験を積む事で、「お、できたじゃん!!」と、自分を肯定しながら楽しく習慣化に取り組めます!

 

KATU

習慣化で未来を変えましょう!もっと習慣化について詳しく知りたい人は本も読んでみてね!最後まで読んでくれてありがとう!