『お仕事依頼』&『問い合わせ』

『効率UP』集中して勉強する方法は25分の作業と5分の休憩でOK!

こんにちは。KATU/かつ(@Katu_bloger519)です!

あなたは、集中力が長続きする方ですか?

私は全然、集中力が続きません。

勉強や読書をしていても、すぐに飽きて他のことをやってしまいます。

でも、ある方法を知ってからは、集中力が驚くほど持続するようになりました。

その悪魔的な集中力爆上げテクニックの名前は、『ポモドーロテクニック』というものです。

聞いたことがある人もいるかもしれません。

この記事は、ポモドーロテクニックを使って集中力を高めたい人には、参考になると思います。

具体的なやり方から注意点まで詳しくお話しします。

この記事を3分くらいでサクッと読んでしまえば、今すぐにはじめられる簡単なテクニックなので、ぜひ最後まで読んでみてください!

KATU

騙されたと思って、ポモドーロテクニックをやってみて!

集中力が持続するポモドーロテクニック

リラックスする女性

ポモドーロテクニック』とは、短時間の超集中した作業をくり返すテクニックです。

ポモドーロとは、トマトという意味で、元々はトマト型のキッチンタイマーで時間を区切って作業に取り組んでいたそうです。

陸上をイメージにして、考えるなら

 

  • 1km先のゴールに休憩なしで、がむしゃらに走り続ける
  • 1km先のゴールまで、全力で200m走ったら1分休憩、の繰り返しでゴールを目指す

 

これでいうところの、後者が『ポモドーロテクニック』です。

休憩なしで、ひたすら走り続けると、だんだん失速していきます。

集中力も同様です。

短期で超集中して、ちょっと休憩してから、また作業に入るということです。

その結果、常に高い生産性と集中力を保つことができるわけです。

それでは、具体的なやり方を次に解説していきます!

Sponsored Links

今すぐ出来るポモドーロテクニックのやり方

アイディ黒板

ポモドーロテクニックの、やり方は極めて簡単です。

一瞬で理解できると思います。

 

  1. 達成したいタスク(目標)を決める
  2. タイマーで25分設定すし、タイマーが鳴るまで全力で作業する
  3. タイマーが鳴ったら、次は5分でタイマーを設定し休憩する
  4. 4-5セット回くらい繰り返す

 

たったこれだけです!

たったそれだけ?」って思うかもしれませんが、かなり集中できます。

人間の心理は、中途半端で放置してある作業が目の前にあると、「まだ、終わってないし、もう少しやりたい!」と思うものです。

それを、利用したテクニックでもあります。

キリの良いところで終わるなんて、絶対にダメです!

キリの良いところで終わると、5分の休憩中に「区切りがいいし、今日はここまででいいか!」と作業を終えようとしてしまいます。

中途半端でも良いから、『25分の作業』と『5分の休憩』を繰り返しましょう。

私は、iPhoneに最初から入っている、タイマーの機能を使っています。

正直、これで充分です。

25分のタイマー

このように25分で設定して作業に入るだけです。

タイマーが鳴ったら、次は休憩の5分を設定します

5分のタイマー

これを繰り返します。

わざわざ、キッチンタイマーを買いに行くのはやめましょう。

その時間さえも、作業した方が良いと思います。

Sponsored Links

ポモドーロテクニックを使うときの注意点

本を読む女性

ポモドーロテクニックについて、調べると必ず『赤いトマト型のキッチンタイマー』の画像が出てきます。

これですね。

 

このタイマーはおすすめできません。

理由は、色が赤いからです。

そもそも、ポモドーロテクニックをする目的は『集中力の継続』ですよね。

色彩心理学の観点から、赤色を見ていると闘争心をかきたて、気持ちを熱くする効果があります。

集中力を高めたいときに赤色は、完全にNGなのです。

なので、せっかく集中したいのにわざわざ赤色のタイマーを買う意味がないですよね。

形から入るのもときには大事ですが、スマホなタイマーで充分です。

Sponsored Links

『まとめ』今すぐポモドーロテクニックを実践

いかがだったでしょうか?

最後にもう一度、やり方をまとめておきます。

  1. 達成したいタスク(目標)を決める
  2. タイマーで25分設定すし、タイマーが鳴るまで全力で作業する
  3. タイマーが鳴ったら、次は5分でタイマーを設定し休憩する
  4. 4-5セット回くらい繰り返す

特にお金もかけずに、今すぐにできるテクニックです。

集中力を高めたいときは、『ポモドーロテクニック』を実践してみてください!