『お仕事依頼』&『問い合わせ』

筋トレは毎日やるべき!?目標は『少しだけ』を継続です。

こんにちは。KATU/かつ(@Katu_bloger519)です!

筋トレは毎日やってもOKです!

むしろ毎日やるべきです。

こうやって言うと、「筋トレは1日おきにやったほうがいい」とか「鍛える部位ごとで日にちを分けた方がいい」みたいな意見が筋トレ上級者から言われそうです。

しかし、おそらくこの記事を読んでいる人は、筋トレ初心者だと思います。

筋トレ上級者には参考にならない記事なので、いますぐこの記事は閉じてください。

初心者が筋トレを毎日やるべき理由は2つあります。

  • 少しの筋トレくらいなら毎日やらないと効果がないから
  • 毎日やる事で、筋トレ自体を習慣化できるから

筋トレを今までやってこなかった初心者の人は、筋トレを継続することが難しいと感じるはずです。

今までの習慣は『筋トレをしない習慣』だったので当然です。

もともとある習慣を無くして、新しい『筋トレをする習慣』を手に入れるにはかなり難しいでしょう。

なので、最初の目標は低めに設定して毎日コツコツとやっていく必要があります。

もうすこし詳しく解説していきますね。

筋トレは毎日やってもOK

ストレッチをする女性

筋トレは毎日やってもOKです!

よく、「毎日やるのはよくない」という意見がありますが、それは負荷をたくさんかけたトレーニングの場合の話です。

筋トレ初心者は、負荷の大きいトレーニングは避けたいものです。

単純にケガしやすいという理由もありますが、いきなりハードなトレーニングをすると人間の脳が筋トレ=キツくてつらいと思ってしまいます。

それでは、全く意味がありません。

筋トレを毎日やってもOKというのは、毎日継続できるくらいの筋トレをしましょうということです。

Sponsored Links

筋トレ初心者の目標設定

考える女性

筋トレを毎日するなら、具体的な目標を決めなければいけません。

結論からいうと、かなり低い目標を設定しましょう。

「筋トレして自分を変えたいのになぜ?」

と思うかもしれませんが、人間は小さな成功体験を積み重ねる事で前に進めます。

例えば、『毎日腕立て伏せを30回、腹筋50回、スクワット30回』という目標を設定してしまったとします。

もし、どれか1つでも出来ない日があれば、目標は達成できなかった事になります。

つまり『失敗』したと考えてしまうわけです。

一方で『毎日スクワット5回はやる』という低い目標設定にしたら、どんなに忙しくてもできると思います。

毎日小さな成功を体験できるのです。

小さな成功体験を何度も繰り返すと、自分に自信がついて「もう少し回数増やせるな」「腹筋も取り入れてみよう」とレベルアップしていけるのです。

自分が筋トレ初心者だと思う間は、目標はかなり低めに設定して小さな成功体験を繰り返しましょう。

Sponsored Links

筋トレの習慣化

マットで腹筋をする女性

筋トレをして筋肉をつけたい人は、筋トレを習慣化しましょう!

みたいなことをよく耳にしますが、「それは分かっているけど出来ないんだ!」というのが本音だと思います。

筋トレを習慣化するためにおすすめできる考え方が2つあります。

  • 自分の意思に頼らない
  • 成功と失敗は1つのパッケージ

という考え方です。

人間は意思が弱い生き物です。

自分の意思で頑張ろうとせず、ルール化してしまいましょう。

例えば、『歯磨きをする前にスクワットを5回する』などと決めておくといいでしょう。

「それって意思の力じゃん」

と思うかもしれませんが、これはIf-Thenルールといって『Aが起きたら、Bをする』とあらかじめ決めておくことで意思の力に頼らず、無意識的に行動できる方法です。

こっちの記事でもIf-Thenルールを紹介しています。

→初心者のための筋トレロードマップ

『筋肉UP』筋トレの効果を高めるのに必要な7つの方法はこれ!『男版』

もう1つが成功と失敗は1つのパッケージだと考えることです。

簡単に言えば『失敗は成功のもと』というありふれた言葉です。

筋トレの習慣化を目標にしていても、ほとんどの人が1度や2度の挫折は経験すると思います。

そこで「自分ってダメな人間なんだ」と思うとどんどんネガティブ思考になっていってしまいます。

そして、たった1日、筋トレが出来ない日があっただけで筋トレをそこで辞めてしまう人も多いのが現実です。

そこで大切なのが成功と失敗は1つのパッケージだと考えることなのです。

どんなに成功している偉人で、必ず失敗談はあります。

それと同じです。

この考え方が、意外と出来ない人が多いので忘れないようにしましょう。

こちらの記事で習慣化について、詳しく解説してあります。

→簡単に習慣化が身につく方法

習慣化とは自分への思いやり!?方法から考え方まで!