『お仕事依頼』&『問い合わせ』

ブロガーとプロレスラーの3つの共通点とは?ブログってプロレスみたい!?

こんにちは。KATU/かつ(@Katu_bloger519)です!

ブログはプロレスです。

ちょっと意味わからないですよね笑

タイトルの通り、この記事ではブロガーとプロレスラーの3つの共通点に迫りたいと思います。

”ブログはプロレスだ”というトンデモ論ですが、お付き合いください…

なぜ、こんな事を書くのかというと私がブロガーであり、大のプロレスマニアだからです。

そこで半ば無理矢理、共通点を導き出しました。

正直、「誰得だな情報?」って感じですよね笑

「ブロガーってなに?」って疑問を持った時に考える参考材料にでもなってくれたら嬉しいです!

3分もあれば読めてしまうので、ぜひお付き合い下さい!

ブロガーとプロレスラーの3つの共通点は?

ここではブロガーとプロレスラーの3つの共通点をプロレスファン歴20年の視点から解説します!

こういったツイートをしてしまいました!

ブロガーとブロレスラーって似てるんですよ!

結論から言いますと

  • 自己プロデュース
  • お客さんを常に意識している
  • 仕事の終わりが見えない

この3つです。

1つずつ解説していきますね。

自己プロデュースの世界

ブロガーって自己プロデュースの要素があると思うわけです。

個人で自分のメディアを運営している人の強みってのは、企業では出せない独自性だったりします。

もちろん、他にも

  • 権威性
  • 有益性

などの要素も必要です。

しかし、独自性という部分が他の大多数に埋もれないためにも必要なのかなと思います。

難しいですけどね。

私も試行錯誤している段階で、まだブロガーとしての独自性は獲得できていないと思います。

一方でプロレスラーもまた自己プロデュースの要素があると思うわけです。

プロレスを見ない人からすれば、「強ければいいんじゃないの?」と思うかもしれません。

でも、プロレスラーって自分のキャラクターとか技の見せ方とかをかなり突き詰めています。

自分のオリジナルの技を作ったり、時にはキャラクターを演じたり、でもそれを本気でやっているわけです。

自分をどう表現していくか試行錯誤しているわけですね。

という事でブロガーもプロレスラーも自己プロデュースの要素があるわけなんです。

お客さんは読者と観客

ブロガーもプロレスラーもお客さんがいるわけです。

ブロガーは常に読者のことを考えて記事を書きます。

  • 読者のためになる記事
  • 読者の感情を揺れ動かすような記事

を意識して記事を書きます!

プロレスラーは、観客のことを考えて試合をします。

他の格闘技とプロレスの異なる部分はココかなと思います。

プロレスって勝ち負けよりもお客さんに楽しんでもらう事を第一に考えているわけなのです。

他の格闘技って勝ち負けを競うものを、観客がただ見ているだけです。

なので極端な話、1分で試合が終わってしまう可能性もあります。

もちろん、これも楽しいとは思うのですが、格闘技の選手が楽しませてあげようと思っているわけではありません。

格闘技が好きな人がそれを見て楽しんでいる状態です。

つまり、ブログではなく日記のようなものです。

一方、プロレスラーは観客の誰が見ても

  • カッコイイ
  • 凄い
  • 痛そう

と思う技を魅せたプロレスラーとしての強さを表現します。

時には

  • マイクパフォーマンスで場を盛り上げる
  • 自分世界観がつまった、オリジナル商品を売る

こういったこともします。

そして、選手それぞれにストーリー性もあったりします。

エンターテイメント性の強い、格闘技と言えます。

そして、プロレスラーはプロレスを知らない人でも試合がオモシロイ!って思ってもらえるように試行錯誤しています。

常に観客のために試合をしているわけです。

ということでブロガーもプロレスラーも常にお客さんを意識しているという部分で同じなわけです。

毎日が仕事だよ

ブロガーとプロレスラーって毎日仕事みたいなものですよ。

ワークライフバランスではなくワークアズライフ!

これは、筑波大学助教の落合陽一さんの言葉をお借りしたのですが、生活と仕事の境目がないような状態です。

ブロガーは、何か旅行にいって美味しいものを食べたら「〇〇の美味しいグルメ〇選!」とか書いたりもします。

自分の遊びや趣味を記事にまとめたりもします。

また、ブロガーとして頑張っていくなら常にアンテナをはってなきゃいけませんし、ブログを書く作業以外での生活が大きく成果に影響します。

もちろん、あるジャンルに特化して記事を書く特化ブロガーは一概にそうとは言えませんが…

でも他の職種と比べると生活と仕事の境目はない方です。

一方でプロレスラーも仕事と生活は切り離せないでしょう。

毎日のトレーニングは絶対ですし、出先でもジムへ行ったり食事に気をつけたりします。

以前、プロレスラーの方のツイッターで、回転寿司屋に行ってもシャリは食べないで魚しか食べないなんてのもありました。

つまり試合以外の場所でも常に試合で最高のパフォーマンスを魅せられるように意識しているわけです。

他にも

酒飲みキャラのプロレスラーは試合後にすぐ居酒屋で飲んでいるところをSNSで発信したりしています。

ゲーム好きなキャラクーのプロレラーは、大事な試合前日の夜にゲームをして過ごす様子をSNSで発信して試合以外でも笑を誘ったりしています。

プロレスラーとして活躍していくには、試合以外での生活の部分もかなり重要だということがわかります!

ということで、ブロガーもプロレスラーも毎日仕事のようなものなのです。

Sponsored Links

ブログがプロレスだというトンデモ論

ブログはプロレスだ!というトンデモ論について少しだけお話しします。

ブログがプロレスっていうのは、キャラクターを演じるのもアリだということです。

これは嘘がOKということではありません。

というのも、ブログってなかなか続かない人が多くて継続して書いているのが珍しいくらいな状態です。

辞める人の中で

  • 「自分がこんな事書いてイイのかな…」
  • 「もし批判が来たらどうしよう…」

とか考えて、メンタル的にキツくて辞めてしまう人も多いです。

でも考えてみてください。

ブログはプロレスだ!というトンデモ論を自分の中に持っていればそうはなりません。

例えば、悪役のプロレスラーは、ブーイング浴びたからって落ち込むことはないでしょう。

なぜなら、そこには演じている自分がいて家族やリアルな友人と会う時にそんな態度は取らないからです。

ブログも同じで、多少は演じるようなこともアリだと思うわけですよ。

むしろ、多少何かキャラを演じていた方が、メンタル的に良いと思います。

仮にリアルな自分をそのままネット上で公開して、もの凄い批判が来たら人間性を全否定されているかのようにメンタルがやられるかもしれません。

とはいえ、ブロガー界隈ってメンタル強い人が多くて全部包み隠さず話しちゃう人が多いんですけどね。

もし、全部さらけ出してブログで発信活動するののが怖いという人は、ブログはプロレスだ!というトンデモ論を習得してください!!!

KATU

発信活動は怖くない!
Sponsored Links

ブロガーとプロレスラーの共通点まとめ

いかがだったでしょうか。

私は生粋のプロレスマニアなので、このようにプロレスをすぐに他のモノへ転用してしまう癖があります笑

ブロガーとプロレスラーの3つの共通点

最後にもう1度まとめます

  • 自己プロデュース
  • お客さんを常に意識している
  • 仕事の終わりが見えない

この3つです!!!

みんな!プロレスみよう!!!