『お仕事依頼』&『問い合わせ』

『書評』アウトプット大全の感想をまとめてみた。アナログも捨てたもんじゃない!

こんにちは。KATU/かつ(@Katu_bloger519)です!

今回は”アウトプット大全”という本の書評をやっていきたいと思います。

この本はこんな人にオススメです。

  • ビジネス本をたくさん読んでるけどイマイチ結果にならない
  • インプットの量に対しアウトプットが少ない
  • アウトプットの方法がよく分からない

こんな人にはオススメです。

先日にこういったツイートをしました。

アウトプット大全のザックリとした感想はこんな感じです。

私は読む前はアウトプット=SNSなどで情報発信と考えていました。

しかし、このアウトプット大全によるとどうやら違うようです。

アウトプット大全を読む前の自分

アウトプット大全を読む前はアウトプットというのは、情報を世の中に発信することであってSNSなどを使ってやるものだという固定観念を持っていました。

ツイッターやインスタでとにかく発信しまくる人がアウトプットをたくさんできている凄い人と思っていました。

もちろん、そういったSNSでの情報発信もアウトプットです。

毎日SNSを更新している人は凄いと思います。

しかし、それはデジタルでのアウトプットです。

実はアウトプットでアナログでも出来るそうです。

例えばメモや会話も立派なアウトプットなのです。

アウトプット大全を読む前はアナログでのアウトプットという考えすら持っていませんでした。

というより実際にメモや会話が「これがアウトプットになるんだ」と考えながら行ったことはありませんでした。

そして色んな気付きがありました、、、

アウトプット大全での気付き&感想

アウトプット大全での気付きや感想ということで、特に私が心に残った部分を紹介します。

1つ目がアナログ→デジタルで情報をアウトプットするという考え方です。

例えばブログを例にします。

ブログで長い記事を書くときにいきなりパソコンを開いて記事を書き始めてもなかなか進まなかったりします。

「見出しはどうしようかな?」「伝えたい事は何だっけ?」みたいに頭の中でうまくまとまらないことが多いです。

そんなときにアナログ的なアウトプット、つまりメモ書きやノートに書くという作業が重要なのですね。

アナログでのアウトプットは直感的で抽象的なもので良いのですね。

そこからブログやSNSに投稿するときに具体化してしっかりまとめてアウトプットしていくことが効率が良いそうです。

2つ目は、”4B”という考え方です。

アイディアを思い浮かべることも立派なアウトプットです。

そこで4つのBで頭の中から色んなアイディアが浮かんでくるということを知りました。

人間の頭のメカニズム的にそうなっているみたいですね。

  • Bathroomーお風呂、トイレ
  • Busー移動中、バス、電車
  • Bedー寝起き、寝る前
  • Barーバーでリラックスしているとき

こういった場でアイディアが浮かびやすいそうです。

もちろん1人でいる場合です。

人間はリラックスしている状態で他に考えることがないときに新しいアイディアを思いつくと言われています。

なのでこういった4Bという考え方があるわけですね。

以上の2つをアウトプット大全で特に心に残った部分です。

アウトプット大全を読んでどう行動するか?

アウトプット大全を読んで、だだ勉強になったで終わらせてはいけません。

本のタイトルがアウトプット大全なのに、本を読んだ後にアウトプットする行動を起こさないと意味がありませんね。

そこで私は、本を読んだら感想や要約をTwitterに投稿します。

そしてブログの記事にします。

これをやっていこうと思いました。

本の内容が頭に残らない人も多いと思います。

しかし、そんな人は特にやるべきです。

アウトプット大全の中でも出てきた考え方ですが、繰り返しアウトプットすることで記憶に定着するとありました。

つまり本を読んだら、色んな媒体で発信して感想を書いていくだけで本の内容がしっかりと頭に定着します。

アウトプット大全を読んで、これを徹底してやっていこうと思えたわけです。

アウトプット大全まとめ

最後にこの記事で書いてきた事を簡単にまとめます。

アウトプット大全はこんな人にオススメです。

ビジネス本をたくさん読んでるけどイマイチ結果にならない
インプットの量に対しアウトプットが少ない
アウトプットの方法がよく分からない

効率の良い発信の情報発信の方法は

アナログ→デジタルでのアウトプットという考え方がありました。

また、アイディアを生み出すのもアウトプットで4つのBの場面でそれは実現されます。

  • Bathroomーお風呂、トイレ
  • Busー移動中、バス、電車
  • Bedー寝起き、寝る前
  • Barーバーでリラックスしているとき

アウトプット大全を読んだだけでは何も変わりません。

本のタイトルの通り”アウトプット”がないとダメなのです。

行動しましていきましょう!

こんなとこですかね。

この記事では1部しか紹介していませんが、他にも山ほど有益な情報が載っています。

しかも1つの話が2ページ程度で完結しているので、読みやすいわけです。

「今日は一個だけ読み進めよう」みたいに読めるので、本が苦手な人も読みやすいはずです。

すでにアウトプットが完璧に出来ている人には必要ないかもしれませんが、

アウトプットが思うように出来ていなくてこれからアウトプットで人生の充実度を最大限に伸ばしていきたい人にはオススメですよ!

この本は、2000円出せばコーヒー代くらいのお釣りがくる程度の値段で買えます。

コーヒーが1杯ついた有益な情報が詰まった本を2000円で手にしたつもりでカフェにでもいって読んじゃいましょう!

『書評』インプット大全の感想からオススメのポイントまで!