#プロレス好きの好きの人はココから

初心者が読書をはじめる時にオススメなジャンルの本とは!?

 

スポンサーリンク


 

こんにちは。KATU(@k2_nwo_japan)です!

読書は人生を変えます。

「読書が苦手な人は、とりあえず好きなジャンルの本を少しずつ読んでいきましょう」

みたいなことをよく耳にする事がありますよね。

しかし、読書の初心者は本当にそんな本の選び方で良いのでしょうか?

私は初心者こそ自己啓発本を読むのがオススメだと感じています。

自己啓発本の多くは、成功者が書いた本だったりビジネスで成功するために偉人が何をやってきたかという自伝のようなものが多いです。

これがなぜ良いのか。

読んでいてワクワクするからです!

読書が苦手な理由として多いのが、飽きてしまうだとかつまらないといったことだそうです。

ただ好きなジャンルの本を選んだだけであれば

「そんなこと知っているし…」

「専門的な話になってきて難しい…」

みたいになってしまう可能性があるんですよ。

それにくらべ自己啓発本は、人間がのし上がっていく様子がリアルに語られています。

あとはこれをやったら成功しました。

みたいな聞いていてワクワクするような話も多いのです。

そんなものから何を学べば良いのかと思うかもしれません。

たしかに、自己啓発本は知識を手に入れるようなものではないかもしれません。

でも、成功者がどういう考えでのし上がっていったのか疑似体験できると思うのですよ。

自己啓発本を読んで人生が変わるということはないかもしれませんが、人生が変わる“キッカケ”を与えてくれるのですよ。

なので、読書が苦手な初心者は自己啓発本というジャンルの本からはじめましょうということを思うのです。

 

スポンサーリンク

 

 

自己啓発本ってどんな本なの!?

自己啓発本を読むとはいっても読書の初心者はよく分からないと思います。

本屋に行くと必ず、「この本なんかウサンクサイなぁ…」って思うものが見つかります。

例えば、人生を変える○○の習慣とか○○はなぜ成功したのかみたいな本です。

こんな感じの“ウサンクサイ本”を選びましょう。

なぜ、こんな本から読書を始めるのかというとワクワクするし面白いからです。

本が難しい、つまらないと思った時点で初心者は読書が嫌になってしまうかもしれません。

なので「この本を書いた人は、本当にこんな方法で成功したのか?」、「嘘か本当か分からないけど試してみようかな…」みたいに色々考えながら読めてワクワクする本から読むんですよ。

1度、本が楽しいと思ってしまえばこっちのものです。

あとは同じようなジャンルの本を読み比べて、少しずつ難しい“ビジネス書”などにシフトしていけばいいんですよ。

たくさん数を読んでいくと「これって前も何かの本で書いてあったなぁ」みたいなことがしょっちゅう出てきます。

そして、いろんな成功者の考え方や習慣などで自分に取り入れられそうなものを選んでいけば楽しいと思いませんか!?

スポンサーリンク

自己啓発本で人生が変わる!?

自己啓発本が読書の初心者にはオススメだというお話をしてきました。

じゃあ、そんなオススメする自己啓発本は何か人生においてい良い影響を与えてくれるのか…

もっといえば人生が変えられるのか…

しかし…

自己啓発本で人生は変わりません。

えっ!?って感じですよね。

あんだけ初心者は自己啓発本が良いと偉そうに言っておきながら、すいません(笑)

でも事実なんですよ。

ただ人生を変える重要な“キッカケ”は与えてくれる可能性があります。

よく考えてみれば分かると思うのですが、本を1冊読んだからって人生は変わらないことは明らかですよね。

でも、何かのキッカケになるだけで充分だと思います。

なぜキッカケだけで充分なのかというと

人間が新しいことをはじめる時は、スタートするまでが1番シンドイんですよ。

はじめた後も大変かもしれませんが、最初のスタートするまでよりは楽なんです。

これは雪だるまを例にすると分かりやすいです。

雪だるまをつくるときに、1番最初の雪玉をつくるのには雪をかき集めて丸くするという作業が必要です。

でも1回つくってしまえば、あとは転がしていくだけですよね。

どんどん大きくなっていきます。

人生や生活を変えるために1番シンドイのは、何かを“はじめる”という作業です。

それの手助けとなるのが、自己啓発本だと私は思っています。

1度、走り出したら後はシンプルなものになります。

少しずつビジネス書や専門書で知識を手に入れてトライ&エラーを繰り返していくだけです。

ということで自己啓発本は人生を変えてはくれないが、変えるキッカケにはなるかもしれないということです!

スポンサーリンク

読書をして良かったことは!?

私は2年前くらい、本は全く読めませんでした。

でも自己啓発本から読書をはじめて、今では1日1冊でも平気で読めるようになりました。

最後に読書をしていて、私が良かったと感じることを3つ紹介します!

  • 未来をある程度予想できるようになった
  • 単純に知識が増えた
  • 考え方が変わった

この3つが読書をしていて手に入れて良かったものです。

スポンサーリンク

未来をある程度予想できるようになった

未来は予想できないといわれます。

でも読書で知識を手に入れることで、ある程度は予想できると思います。

例えばビジネス書を読んでいると、人工知能の話や5Gの話がよくでてきます。

人工知能を搭載したロボットが人間の仕事を代替したり、4Gから5Gに回線が変わり動画がWi-Fiなしでもサクサク見れるようになるという予想があります。

これは、もはや予想というよりほぼ事実に近いものになってきました。

このような情報が本から手に入るのです。

未来がどうなっていくかをなんとなく知れることは大きいです。

知っている事でどういう職種につけばいいのか、何が流行っていくのかがわかるようになります。

もちろん絶対ではありませんが、読書のおかげである程度は予想が出来るのです。

単純に知識が増えた

読書で知識が圧倒的に増えます。

読書にハマると本当に知識がどんどん増えます。

単純なことですが、これはかなり重要なことです。

知識が増えることで、時代にあった副業ができたりこうやってブログで発信できるようにもなりました。

考え方が変わった

読書で考え方が変わりました。

今までは、年上の人や先生、上司などがいう事は正しいという考えを少しもっていました。

しかし、本の世界に飛び込むと真逆のことが書かれていました。

しかも、時代を生きている本の世界の人はみんな揃って同じようなことを言っていたんです。

例えば、“会社は安定しない”とか“親は100%間違っている”とか、全く聞きなれないコトバがあふれていました。

しかし、どうやら本の中の人たちのほうが正しいそうです。

今は終身雇用はオワコン化しているとニュースにもなっていまし。

親世代に人工知能や5Gの話をしても全く知らないみたいです。

良い意味で常識という考えを、疑う事ができるようになりました。

なので私は親世代や上司などではなく、本の中の人たちを参考にするようにしています。

読書をすると考え方が良い意味で変わっていくのです!

ということで、これから読書をはじめる初心者は自己啓発本というジャンルの本からチャレンジしていきましょう!

KATU

自分は親は100%間違っているという本から読書をはじめました。