#プロレス好きの好きの人はココから

無印良品の服でこの夏メンズにおすすめできるものは!?

スポンサーリンク


こんにちは。KATU(@k2_nwo_japan)です!

今回は、人気ブランド「無印良品」の服についての記事です。

みなさんにとって無印良品とはどんなお店ですか!?

私は無印良品が大好きなんですよ。

元々は「迷ったら無印良品のアイテムにしよう」といった感じで使っていました。

しかし、最近は好き好んで無印良品のアイテムを買うようになりました。

あのシンプルさ、無機質感がなんか良いんですよ…

そこでこの記事では、無印良品の服について紹介します!

この夏、メンズにおすすめな無印良品の服を3つ買ってきました。

スポンサーリンク

総額6000円以下で無印サマーコーデ

今回、無印良品で買った3つがこちらです。

とりあえずコーディネート全体で解説していきます!

前にもお話ししましたが、ファッションはドレスとカジュアルのバランスという観点からこのコーディネートにしました。

つまりドレスアイテムのシャツにカジュアルアイテムのショートパンツとサンダルを組み合わせたということになります。

これがもし、上の服がチェックシャツとかだと一気にカジュアル寄りになってしまいますが、白シャツにすることによってバランスをうまく保てます。

しかも総額で5970円ですよ!かなり安く済みました。

安くて高品質なブランドっなかなか見つからないかと思いますが、無印良品は本当に安くて高品質ですよ。

コーディネート全体を見ても安っぽさも出ません。

次はアイテムごとに解説していきます。

 

スポンサーリンク

無印良品 ブロードシャツ

こちらは「ブロードシャツ」です。まぁ、白シャツといっていいでしょう。

このアイテム単体だと、ドレス寄りかカジュアル寄りどっちだと思いますか?

答えはドレス寄りです。

ドレスよりのアイテムを見極めるポイントは個人的に2つあります。

  • フォーマル感
  • スーツっぽさ

この2つを頭に入れてドレスとカジュアルを見極めます。

ということでこの「ブロードシャツ」はドレス寄りの服になります。

着心地は軽くて肌触りも最高です。

あとポイントは少しゆとりのあるサイズを選ぶことです。

短いシャツだと腰の位置が見えてしまい、上半身と下半身の境い目がハッキリしてしまいます(笑)

高身長で脚も長い人はそんなこと考える必要ないですが、そこまで背が高くない人はできるだけ腰の位置が分からないようにしたほうがスタイリッシュに見えるはずです。

税込み2990円です。

無印良品 ショートパンツ

次はこちら、「ショートパンツ」です。

半ズボンは完全にカジュアル寄りのアイテムですね。

このショートパンツはベルトを通す部分がなく紐で結ぶようになっています。

ベルトがある半ズボンだと腰の位置が少し膨らんで見えて、よりカジュアルな印象になってしまうんですよ。

半ズボンのカジュアルさを抑えるためにもあえてベルトがないものにします。

履き心地はすごくいいです。

表現しずらいですが、履いていないような気がします(笑)

軽くて、薄くて水着と同じような質感ですね。

税込み1990円です。

 

スポンサーリンク

無印良品 サンダル

最後は、「サンダル」です。

このサンダルはツヤ感があり、少しドレスよりのサンダルといえます。

よくアイテムの種類だけ見て、これはカジュアルだと決めてしまう人もいます。

しかし、カジュアルなアイテムでもネイビーやツヤ感のあるブラックなどは少しドレス寄りのアイテムになります。

履き心地は、しっかり足にフィットして最高です。

土踏まず部分が少しあがっており、しっかりフィットします。

さっきから無印良品のアイテムを褒めてばかりですが、本当に最高なんです(笑)

税込み990円です。

迷ったら無印良品へ行け!

最後に「迷ったら無印良品に行け!」という話をします。

無印良品ってあまりオシャレな服が売っているイメージはもたれていないかと思います。

恐らくシンプルって印象が強いせいかと思います。

実際に無印良品の服にはデザイン性やアートっぽさなどはありません。

ファッション感度の高い人からすれば、「無印良品なんて…」と思うかもしれません。

でも、服選びのときにデザインやアートで決めるのはかなり難しいです。

モデルさんはカッコイイ顔と高身長で何を着ても似合うから良いかもしれませんが、私のような凡人はそういった自分のセンスにまかせた服選びをすると失敗する可能性大です。

そんな中で、無印良品の服はシンプルで無機質といった特徴があり、誰が着てもそこまでの大失敗コーデにはなりにくいです。

コーディネートの基本は、ドレスとカジュアルのバランスだと少し前の記事で紹介しましたが、それがとりやすいブランドなんですよ。

色やデザインがたくさんあると、どうしても見た目が派手でカジュアルな印象が圧倒的に強くなってしまいます。

でも、無印良品だと本来はカジュアル寄りのアイテムである、ショートパンツやチェックシャツであってもカジュアルになり過ぎないんですよ。

色やデザインが少なめだから、ちょっぴりドレス寄りに見えるんですね。

こういったファッションのロジックを成立させるには、無印良品ってほんとにピッタリなんですよ。

なので「迷ったら無印良品に行け!」という考えになるわけです。

もしよろしければ、ドレスとカジュアルのバランスについて書いた記事も下の関連記事から読んでみてください。