【#プロレスを広めたい】

【書評】伝え方が9割の要約から感想までをレビュー

スポンサーリンク


何かを使える時は、伝え方ですべてが決まってしまうといっても過言ではありません!

伝え方が9割は、コピーライターの佐々木圭一(ささき けいいち)さんが書いた本です。

佐々木さんは、もともとコピーライティングが苦手でダメ出しばかりされていたそうです。

しかし、ある法則を発見してからコピーライティングがうまくなっていったそうです。

そんな佐々木さんが教えるコピーライティングが“伝え方が9割”では書かれています。

  1. 「ノー」を「イエス」に変える技術
  2. 「強いコトバ」を作る技術

どちらも日常生活、ビジネスでも使える技術です。

「ノー」を「イエス」に変える技術

  • ステップ1 自分の頭の中をそのままコトバにしない
  • ステップ2 相手の頭の中を想像する
  • ステップ3 相手のメリットと一致するお願いをつくる

まず、ステップ1では、

「気になる人とどうしてもデートしたい!」

という熱い気持ちをグッとこらえます。

次に、ステップ2では、意中の女性の気持ちを想像します。

「なんて言ったらデートに行きたくなるだろう?」

相手が好きな食べ物を覚えておきます。

ここではパスタ好きの人だとしましょう。

最後のステップ3では、

相手のメリットと一致する形でお願いを作ります。

なので・・・

「おいしいパスタ屋見つけたんだけどいかない?」と言ったらどうでしょう?

これなら相手も「え、ほんとに!?」

目を輝かせて、一緒にご飯にきてくれるかもしれません。

たった3ステップで言い方を変えるだけで

デートの「ノー」「イエス」に変わりました。

こういったノーをイエスに変えるコツが“伝え方が9割”では学べます!!

「強いコトバ」を作る技術

言葉には強い言葉と弱い言葉があります。

例えば…

(普通)「海へ行きたい。」

 ↓

(サプライズ)「海へ行きたい!!!!!」

どうでしょうか?

「!」をつけるだけで、ものすごく行きたいんだなと思いませんか?

こういった強いコトバをつくるテクニックが“伝え方が9割”で学べます!!