【#プロレスを広めたい】

チンパンジーと人間の違いは!?DNAがほぼ一緒ってマジ!?

スポンサーリンク


チンパンジーと人間って似てると思いませんか!?

人間とチンパンジーの違いは見た目から明らかではありますが、なんか似ていますよね。

しぐさであったり、顔立ちも似ています。

人間は元々はサルやチンパンジーだったということを聞いたことがある人も多いのではないでしょうか。

そして、人間とチンパンジーのDNAがほとんど同じだという事で話題になる場面もあります。

今回は、チンパンジーと人間の違いを説明し、DNAは一緒なのかも解説していきます。

スポンサーリンク


1⃣チンパンジーと人間の違いは?

 

人間は生物界でも頂点に立つともいわれていますが、そんな人間に最も近い動物はチンパンジーだといわれています。

その顔立ちやしぐさから、「人間と似ているなぁ」ということを思うことも多いのではないでしょうか。

人間とチンパンジーの主な違いは

  • 脳の大きさ
  • 発話能力
  • 背骨
  • 教育
  • パワー

この5つが大きな違いだと考えられます。

人間の脳の大きさは、1500グラムぐらいですが、チンパンジーは500グラムぐらい程度です。

人間はチンパンジーの3倍の脳みそがあることになります。

そして脳みそが小さいと、発話能力にも影響がでます。

人間は言葉を自由に話せますが、チンパンジーはごく単調な音しか出せません。

また、人間は、背骨がまっすぐのばして直立歩行しますが、チンパンジーは四足歩行で立ったとしても背骨がまがっています。

人間は大人が子供に道具の使い方を教えますが、チンパンジーは教えません。

見て覚えさせるのです。

そしてチンパンジーは意外に力が強いです。

チンパンジーは、人間の力の7倍もあるといわれています。

スポンサーリンク


2⃣チンパンジーと人間のDNAが同じ?

チンパンジーと人間が似ている理由はDNAが関係しています。

2005年のある研究によると、いま生きている動物の中で最もヒトに近いチンパンジーは、遺伝子的に96%ヒトと類似しているという研究結果が出ているみたいです。

また、カリフォルニア大学サンフランシスコ校の生物統計学者のポラード氏はによると「ヒトとチンパンジーの違いを決定付けているのはDNAの変異の数ではなく位置だ。」とのことです。

数にせよ、位置にせよDNAが似ている要因なのですね。

あまり知られていませんが、生物学で「ヒト科」に分類されているのは、人間だけではありません。

ヒト属、チンパンジー属、ゴリラ属、オランウータン属の4属が「ヒト科」なんです。

こういった意味でも、私たち人間にとってチンパンジーは親しみやすい存在なのです。