【#プロレスを広めたい】

ペイペイが使える店が急増?コンビニで使える便利な決済手段

ペイペイが使える店が急増?コンビニで使える便利な決済手段

最近CMでよく見かけるPayPay(ペイペイ)について紹介します。

ペイペイ支払えるお店もどんどん増えているので現金を持ち歩かなくても良い時代になりつつありますね。

日本はキャッシュレス化がかなり遅れていると思うので、良い傾向なのではないでしょうか。

今後はペイペイでの決済手段が当たり前になる可能性も充分あります。

スポンサーリンク


1⃣ペイペイってなに?

最初にペイペイとは何か簡単に解説していきます。

ペイペイとはソフトバンクとヤフーが共同出資し設立したペイペイ株式会社が運営する、QRコード決済サービスのことです。

アプリで残高をチャージして支払うプリペイドタイプの決済手段といえるでしょう。

スマートフォンを使った決済手段ともいえるので。日本では今まであまり無かった方法です。

次に使い方について詳しく解説します。

(1)どうやって使うの?

ペイペイの使い方を詳しく解説するといったものの超簡単です。

まずはペイペイのアプリをインストールしましょう。

実店舗での支払いに利用できるPayPayは、アプリで残高をチャージして支払うプリペイドタイプなので、はじめにアプリにチャージをします。

今は特別にPayPayに登録するだけで500円自動でチャージされます。

500円をもらうようなものですね。

チャージする前に500円が既に入っているのでお試しで使うことができます。

これからペイペイを使っていく人は、銀行口座からチャージ、Yahoo!マネーで支払う、クレジットカードで支払う、のいづれかになります。

銀行口座からチャージする場合はネットバンクを契約した上で、三菱UFJ銀行以外の各銀行口座からチャージすることができます。

Yahoo!マネーで支払うためにはYahoo!JAPANIDと連携する必要があります。

「Yahoo!ウォレットの預金払い用口座」、コンビニでの現金チャージ、ヤフオク!の売上でできますよ。

クレジットカード支払いに対応している国際ブランドはVISAとMastercadですので注意しましょう。

他のクレジットカードでは支払うことができません。

もしJCBを使いたいのであれば、Yahoo!JAPANカードだけですので注意してください。

そして“店舗に設置されたQRコードをスマートフォンのカメラで読み取って金額入力をする”か”スマートフォンに表示されるバーコードを店員さんに見せて読み取って支払う”のどちらかで支払えます。

アプリで簡単にできちゃいますよ。

(2)どこで使えるの?

ペイペイはまだ使える店舗は限られていますが、すごい勢いで導入するお店が増えています。

2019年2月28日現在では主に以下の店舗で使えます。(他にも多数あり)

これからもどんどん増えていきそうですね。


■コンビニ■

ファミリーマート、ポプラ、ミニストップ

■飲食店■

魚民、白木屋、千年の宴、笑笑、和民、ミライザカ、鳥メロ、磯丸水産、上島珈琲店、松屋、ピザーラ…

■家電量販店■

ビックカメラ、コジマ、エディオン、ソフマップ、Joshin、グッドウィル、ヤマダ電機…

■ファッション■
マックハウス、アウトドア、ディーゼル、マックハウス…

■その他■

リカーマウンテン、ジャンカラ、Zoff、ビッグエコー…