お仕事依頼&問い合わせ

集中できる温度とリラックスできる温度は?|温度で行動が変わる!?

こんにちは。KATU(@k2_nwo_japan)です!

あなたは自分の部屋の温度をちゃんと設定していますか?

部屋の温度によって、集中力を高めたりリラックスすることができるんです。

外の気温は変えられませんが、室内の温度や湿度はあなた自身でコントロールできます。

この記事では、集中力が高まり仕事や勉強がはかどる温度を紹介します。

また、人間がリラックスしやすい温度も紹介していきます。

スポンサーリンク


集中力が高まる温度は?

 

集中力が高まる温度は25度だといわれています。

25度に設定することで集中力が高まり、仕事や勉強がはかどるでしょう。

「25度ってなんか暑そう…」と思うかもしれませんが、25度に設定することで服を着こまなくても良くなるよいう意味もあります。

たくさん服を重ね着して窮屈な状態と1枚の薄くて動きやすい服を着ている状態では、もちろん1枚の薄くて動きやすい服を着ている状態の方が集中力は保てますよね。

そういった意味でも少し高めな温度なのです。

また、2004年のコーネル大学という所の研究によると、仕事場の温度が何度が適切なのかを調べた実験があります。

仕事場の温度を20度から25度に上げたところ、被験者たちのタイピングのエラーが約40%も減少し、その結果、仕事量としては150%も増加したそうです。

室温を変えるだけでこんなに大きな変化があるのはビックリですよね。

気温によって人間はここまで作業の質と量も変わるということです。

なので仕事を効率よく進めたいのであれば室温を25度に調整するといいわけですが、人間が飽きっぽいという特性を考え数度くらいなら変化していたほうがいいでしょう。

つまり、ずっと25度にしているのではなく、26度や24度に少しズラして戻してを繰り返すことでより効果的なのではないでしょうか。

スポンサーリンク

リラックスできる温度は?

集中できる温度とリラックスできる温度はかなりの温度差があります。

リラックスできる温度は13.9度だといわれています。

これは2011年に大阪大学が出されている論文がもとになっています。

この論文では人間が最も幸福度を感じられるのは13.9度ということが研究により明らかになっています。

また、岩盤浴などにある休憩スペースも13.9度に近い温度で設定されている場合が多いです。

少し肌寒さを感じるぐらいですが、13.9度に設定した部屋でリラックスして休憩することでその後の集中力のUPにも繋がります。

オススメの温度調整法

今回紹介した温度は

  • 集中力が高まる温度は25度
  • リラックスできる温度は13.9度

ということになります。

部屋の温度の調整はエアコンと温度計が部屋にあれば可能です。

加湿器もあればより効果は高まります。

しかし、会社や学校では自分でどうしようもできない場合もありますよね。

集中力が高まる温度の25度や、リラックスできる温度の13.9度という環境に身を置きたい場合は、窓を一瞬あけて外の空気を入れるか自分の着ている服で調整する必要があります。

それか休憩のときは一瞬だけ外に出ることもいいでしょう。

別の研究ですが、天気のいい日に外に出て20分程度散歩すると気分も良くなり生産性も高まることが分かっています。

  • 集中力が高まる温度は25度
  • リラックスできる温度は13.9度

この2つに温度を覚えておき、自分なりに工夫して調整しましょう!!